まゆの玉手箱

奈良県を中心にブラブラお出かけ。見よう見まねで着物を着ています(*'ー'*)♪

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.25.Sun

昨日の着物と帯。実は難有りです。

昨日来ていた着物はコレ。

今日のキモノ

着物も帯も中古を購入しました。
出かける前、あまり時間が無かったため、着付けの画像があまりありません。

今日の帯

(↑鏡撮影。左右反対です。)


この着物、ピンクが所々に効いていてカワイイため、「難有り」と分かっていながら購入したものです。サイズもちょうど良かったし。

着物生地のアップ

生地のアップ。これは「紬」なんでしょうか?


で、どこに問題があるかと言いますと・・・


胴裏の黄変

胴裏の黄変! しかも激しく黄変!
昔の着物は糊取りをしていない着物が多いため、よくこんな着物を見かけますが。もったいないです。
もちろん胴裏をやりかえれば問題無しなのですが、着物自体が3,000円なのに対して胴裏交換は1万円以上かかりますよね・・・

でもどうしても着たかったんです!
ということで、ケイコさん(母)に応急処置をお願いしました(笑)

袂の応急処置

画像は袂です。
胴裏が黄変しても身頃部分は外から見えないから問題無し!ということは問題は袂だ! 袂は襦袢とともに外から見えるポイントですから。
以前に仕立てた紬の胴裏が余っていたので(バチ襟に仕立てたため襟裏が余ってました。)袂の見えるだろう部分に縫いつけてもらいました。
本当に応急処置でしかないですが、今回はこれで十分です。またお金に余裕のある時(そんな時は無いけど。)に胴裏交換に出したいと思います。


次に、昨日締めていた帯ですが。

黒のなごや帯

黒地模様の綺麗ななごや帯です。状態は中古なのにとっても綺麗です。半幅に折っていたスジはありますが。

実はこの帯、仕立てが中途半場なんです。
前の人もこのまま締めていたようなんですが、もともと芯を入れる必要のない硬いしっかりした生地でして、芯無し、綴じていない状態。
で、わたくしもそのまま使用しております(笑)
ケイコさんに言ったら仕立ててくれると思いますが、そのままでも特に問題無いかな~と^^;


というワケで、以上、昨日着ていた着物の実態暴露でした!
 
にほんブログ村 着物・和装

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mayutamatebako.blog92.fc2.com/tb.php/107-a5797332

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。