まゆの玉手箱

奈良県を中心にブラブラお出かけ。見よう見まねで着物を着ています(*'ー'*)♪

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.20.Thu

京都に紅葉狩り。 その2【鷹峯】光悦寺と源光庵。

(昨日のつづきです。)
常照寺の次に向かったのは光悦寺。江戸時代最高の文化人といわれる本阿弥光悦ゆかりの寺です。
ここはいつも紅葉が早いのですが、この日も一足遅かったかな、という感じ。

光悦寺

皆さん撮られるであろう参道の画像は、発色が悪くて、人も多くて使えない・・・
まあ、うまく撮れてなかったというのもあるのですが

光悦寺
有名な大虚庵の前の光悦垣。こちらも紅葉が終わりかけで色が悪かったです

とはいえ、境内内にはまだまだ美しいモミジ・カエデもたくさんありました。
光悦寺
お庭も広くて眺めも良いですし、ゆったりしたかったのですが、やはり寒いっ(常照寺と同じパターンやね。
こんなに青空で日差しが強いのに、風がとっても冷たいのです。

じっとしていると冷える一方なので、源光庵へと向かいました。

源光庵
こちらは光悦寺と反対で紅葉にはちょっと早いかな?と思いつつ。

源光庵
赤には乏しいですが、オレンジが美しい!次の連休あたりが見頃かもしれませんね。

こちらは「悟りの窓」と名づけられた丸窓と、「迷いの窓」と名づけられた角窓で有名ですね。
・・・。
はい、うまく撮れませんでした( ノД`)シクシク…

日差しがきついからか、白く写ってしまって。カメラをうまく使いこなせていない証拠ですね。
ご住職の法話を聞きながら悟りの窓を眺めておりましたとさ。


えっと、続きは明日^^;
もう少しお付き合いくださいませ。


にほんブログ村 着物・和装へ飛びますよ~
 
スポンサーサイト

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。